お墓参り代行・墓石クリーニング

基礎知識

【お墓の歴史】

一般庶民がお墓を立て死者を供養することが習慣化されたのは、江戸時代になってから。
江戸時代初期に檀家制度が確立され、一般庶民とお寺との関係が強固になったことによる。
現在は特に都市部で墓地不足が深刻化し、お墓事情も様変わりしてきている。

【墓地】

「墓地埋葬等に関する法律(墓理法)1948年施行」によると、「墳墓を設けるために墓地として都道府県知事の許可を受けた地域をいう」と定義されている。墓地を作るには都道府県知事の許可が必要で、それ以外の場所に遺体や遺骨を埋葬することは許されていない。
お骨を埋めて墓石を建てる範囲を「墓所」という。

【墓地の種類】

自治体が管理・運営する公営墓地、民間の団体が管理する民営墓地、宗教法人が管理する寺院墓地に大別される。

公営墓地……自治体が管理・運営。管理・運営がしっかりしており、民営のものに比べ永代使用料や管理料が安い。宗教的制約を受けずに利用できる。ただし絶対量が少なく、購入できる確率は低い。また基本的に地域住民のための墓地なので、購入資格に条件が付けられている。

民営墓地……購入資格や条件がなく、宗教・宗派や信仰を問われず誰でも購入できる。環境的に優れた場所が多く設備が整っている。ただし、公営のものに比べ料金が高く、墓石や土台の大きさなどに制限がある場合もある。管理・運営の質は墓地により差が大きい。

寺院墓地……お寺の境内にある墓地で、管理・運営がしっかりしている。清掃も行き届いている。基本的にお寺の檀家が同じ宗派の信徒でないと埋葬してもらえない。近年は納骨堂タイプのものや郊外に大規模墓地を造成したりする場合もある。

【墓石の数え方】

、2と数える。

【お墓の広さ】

「聖地」(霊園、地方によっては「霊地」)で表す。1聖地=90㎝×90㎝。 一般的に多いのは4聖地。4聖地=およそ畳2畳分(約1坪、180㎝×180㎝)

【お墓の形】

お墓の形には特に決まりがなく、3つの台の上に墓石が置かれるタイプが一般的(「和形三段墓」)大きさにも特に決まりはなく、標準的な角石塔の場合には尺寸法を用いて表す。

【お墓の基本的な構成】

 墓石……竿石、上台石、下台石、芝石の4個の石で構成する場合と、笹石、上台石、下台石 の3個で一対にする場合とがある。
 カロート……遺骨を納める納骨室のことで、通常、墓石の下の地中に作られる。
 外柵(境界石)……隣接するお墓との境界をはっきりさせると共に流水などを防ぐ役割もある。
 墓誌……一人ひとりの戒名、死亡年月日、享年、俗名などが刻まれている。
 卒塔婆立て
 花立て、水鉢、香立て

【戒名】

宗派によって独自の決まりがある。浄土真宗や日連宗は「戒名」ではなく「法名」という。

【命日】

祥月命日(しょうつきめいにち)と月命日(月忌命日)があり、祥月命日は故人となった月日、月命日は毎月訪れる故人が亡くなった日。一般的に命日といった場合は、祥月命日を指す。

【彼岸】

仏教に由来する行事。春分・秋分の日は太陽が真西に沈み、真西には極楽浄土があるという仏教説から先祖の霊を供養する仏事が行われるようになった。
春分・秋分を中日とし、前後3日を合わせた7日間を指す。
この時期に法要を営むことを「彼岸会」といい、日本独自の習慣である。

【お盆】

先祖の霊が自宅に戻る日と考えられている。彼岸とともに先祖を供養する大切な時期。
お盆の時期は地方によって異なるが、一般に8月の13日から4日間をお盆と呼ぶ場合が多い。
(※地方によっては7月13日から4日間であったり、旧暦で行う場合などもある。)

初盆(はつぼん)・新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)

亡くなってから最初に迎えるお盆のこと。

【お墓参りの時期】

基本的にいつお参りしても良いが、一般的にはお盆・お彼岸・命日・お正月などに行われる。
事情によりずらしても問題はないが、ずらす場合は早めの日程が良いとされている。
※「仏滅の日はお墓参りしてはいけない」というのは俗信。

【お線香】

仏様への供養物。
香をたくことで清らかな心が仏様に伝えられると考えられている。良い香りをたくことで不浄を清めるので、お参りする人が清浄な心になるという徳をもっている。
火を消す時は手であおいで消す。人間の口は汚れやすいものなので、吹き消すのはタブーとされている。

【数珠】

数珠は人間の煩悩を表していると言われており、108個の玉からなるものが正式。宗派によって形が異なってくる。最近は珠の数が少ない略式の数珠も用いられる。
数珠は魔除け、厄除けとなり、功徳があるとされている。
数珠を持っていないとお参りが出来ないことはないが、出来るだけ持参した方がよい。
   親玉=阿弥陀如来、釈迦如来を意味する数珠の中心にある房付きの玉。
 
 主玉(おもだま)=百八尊を表し、百八煩悩を意味する。108の玉。

 四天王=四天王、四菩薩を表し、主玉と主玉の間にある4つの玉。略式の場合は二天も。

 中通し=観音菩薩を表す。玉を繋ぐ紐。